基礎知識 食事に関する知識 犬偏

携帯版
食事は人間にとっても犬にとっても大切なもの。つい人間の食べているものを犬にあげてしまいがちですが、犬にとって人間の食べ物は塩分や糖分、脂肪が多すぎて病気の原因になります。普段何気なく与えている食品の中でも、犬にとって危険なものは意外と多いことを知っていますか?まずは、犬に与えてはいけないものを把握し、犬には犬用の食事を与え、しっかり健康管理をしましょう。
犬に食べさせてはいけないもの
香辛料(コショウ、わさび、とうがらしなど刺激の強いもの)
人間にとって美味しいと感じても、犬にとっては刺激が強すぎます。基本的に犬に与える食物には味付けしないこと。特に塩分の摂りすぎは腎臓に負担をかけ、糖分の摂りすぎは肥満の原因になります。

砂糖の多いお菓子
甘いお菓子は糖分の取りすぎによる肥満や糖尿病の原因や皮膚の抵抗力低下の原因になります。スナック菓子も塩分や油分が多く高カロリーなので、お菓子類は与えないようにしてください。

ネギ類(玉ネギなど)
ネギ類には、犬の赤血球に対し強い毒性を持っているので、食べると貧血などの症状を起こします。ネギの成分は煮ても焼いても消えないので、スープや加工品に混ざっているものも絶対に与えないようにして下さい。

チョコレート
チョコレートの原材料であるカカオ豆には、犬に有害な成分が含まれており、中毒症状を起こします。また動悸や血管の収縮などの原因にもなります。

コーヒー、紅茶、お茶など
コーヒーや紅茶、お茶などに含まれているカフェインには興奮作用があります。人間と違い犬の体はカフェインを分解することができないので、与えないでください。

えび、たこ、いか、貝類、たけのこ、しいたけ、こんにゃく、豆類
これらの食品は非常に消化が悪く、消化不良から下痢や嘔吐を起こしたり、ビタミンB1が欠乏します。ひどい場合は食べ物が胃や腸などに詰まってしまい、腸閉塞の原因となります。

卵白
卵はすばらしいタンパク源ですが、卵白の中の成分が下痢の原因になるので、卵黄を一緒に与えるか卵白を加熱処理してから与えてください。

牛乳
牛乳は様々な栄養素を含んでいますが、あえて犬に与える必要はありません。また、乳糖を多く含むので特に子犬の場合は体内で消化しきれず、下痢の原因となります。

鶏のささみ・赤身
ささみや赤身は良質のタンパク質のかたまりでよく食べますが、犬の体内で結合するリンとカルシウムのバランスがくずれる可能性があるので、適量を与えてください。

鶏肉の骨、タイの骨
犬は骨を噛み砕く力を持っていますが、太い骨などは砕くと先がとがるので、のどや消化器官に刺さって傷つける可能性があるので与えないでください。特にタイや鶏の硬い骨は鋭角に裂けるので危険です。

生肉・生魚
生の肉や魚は寄生虫がいる可能性が高いので、生のままではなく煮たり焼いたりして一度熱を通してから与えると良いでしょう。

熱いもの
犬は熱いものが苦手です。あわてて食べようとして、口の中や喉を火傷する場合があるので、調理したものは冷ましてから与えるようにしましょう。

人間用に調理した食品
人間用の加工食品やレトルト食品の中には、形としてはわからなくても、犬に与えてはいけないものが含まれている危険性があります。基本的に人間用の食べ物は与えないでください。