基礎知識 ドッグラン

携帯版
ドッグランとは、ワンちゃんがリードをはずしてのびのびと自由に遊べる施設です。ワンちゃんの運動不足・ストレス解消はもちろん、ドッグランに来ている他の飼い主さんと交流を深めてワンちゃんとの色んな暮らしの知恵や共同利用場所でのマナーなどを知ることもできます。今よりもっと楽しいワンちゃんとの生活の為に、ドッグランをどんどん活用して下さい!
ドッグランを楽しむための基本的なルール&マナー
1 事前に各ドッグランの施設利用規定を調べておく
ドッグランは多くの人や犬が利用します。そのため、各ドッグランにはそれぞれの決まった規則を設けています。場所によって規則にも違いがあるので、初めて利用するドッグランなどは、あらかじめ施設利用規定を調べて読んでおいた方が良いでしょう。各ドッグランのルールを守って楽しく過ごして下さい。

2 ワクチン接種を済ませてあること
ドックランを利用する場合、原則として法で定められたワクチン接種を済ませること。中には狂犬病やワクチン接種済証明書が必要なところもあるので初めて行く場所は事前に確認する必要があります。万一、犬同士の喧嘩や人を噛むようなトラブルがあった場合は、速やかに保健所への届け出を行って下さい。

3 ヒート中の雌犬は利用禁止
基本的にどこの施設でもヒート(雌犬の生理)の最中は入場できません。また体調の悪い時も利用は控えさせた方が良いでしょう。その他、飼い主自身も自分の愛犬が攻撃的な性格の犬とわかっている場合は、トラブルを避けるためにもドッグランの利用を断念するか、しっかりしつけをした後に利用して下さい。

4 人間も犬もまずは挨拶から
ドッグランのように多くの犬が集まる施設では、まず挨拶をすることが大事です。犬同士の基本的な挨拶はお互いの臭いを嗅ぎ合うことです。もしどちらかが威嚇するような態度をとったら、すばやく犬同士を離しましょう。また、飼い主同士の挨拶もしっかりすると、役立つ情報を交換することもできます。

5 施設内は基本的にはノーリードで
リードはワンちゃんにとって遊びの邪魔になるので外しましょう。リードを外す時は、犬が落ち着いたことを確認してから外して下さい。リードを外した後も自分の犬から目を離さず、興奮状態や威嚇しているワンちゃんが近くにいたら、その場から自然に遠ざけたり、施設の外に出るなどの判断が大切です。

6 施設内でのオヤツは禁止
施設内にオヤツを食べている犬がいれば、当然他の犬も欲しくなります。それが犬同士のケンカの原因になることもあります。なかには食べ物のアレルギーを持っていたり、ダイエット中のワンちゃんもいるので、自分の犬にも他の犬にもオヤツは控えるようにして下さい。

7 犬の排泄物の後始末をする
普段の散歩と同様、ドッグランの中でも排泄物は必ず飼い主が責任を持って始末して下さい。放っておくと他の犬や人間が踏んでしまうこともあるので、迷惑をかけないように速やかに処理することを心がけて下さい。場合によっては水などで清掃することも必要です。

■■ドッグランに持っていくもの■■
・ワクチン接種済証明書
・応急処置用具
・タオル 
・犬のネームカード
・排泄物掃除道具一式
・ウォーターボウル
・ワンちゃんの飲料水
・リード