基礎知識 犬の登録・狂犬病予防注射

携帯版
全ての犬の飼い主は、狂犬病予防法により飼い犬の登録と狂犬病予防注射が義務付けられています。その他にも、登録後に住所や飼い主が変わったり、飼い犬が死亡した場合などはそれぞれ届出が必要です。これらの届出は正確な登録の実態をつかむために必要なもので、法律・規則でも規定されている飼い主に定められた法的義務です。これらの手続きを怠ると、20万円以下の罰金に処せられることがあります。
犬の登録について

犬を飼い始めてから(生後90日以内の犬は生後90日を経過した日)30日以内(生後120日までの間)に、犬の所在地を管轄する市町村に飼い主が登録申請を行わなければなりません。

1度登録すれば生涯有効で、各市町村の役場生活環境課で登録できます。登録料は市町村によって異なりますが、1頭につき約3,000円程度で、狂犬病予防の集合注射会場でも登録することができます。

登録が完了すると登録鑑札が交付され、飼い主はこの鑑札を犬の首輪等につけることを義務付けられています。鑑札は犬が行方不明になった場合などに、迷子札の役割を果たしてくれる大切なものです。

こんな時も届出が必要

飼い主が変わった場合
30日以内に新しい飼い主が登録事項の変更届を提出する。
住所が変わった場合
30日以内に新住所地の市町村役場へ登録事項の変更届を提出する。
飼い犬が死亡した場合
30日以内に犬の死亡届に鑑札と注射済票を添えて提出する。
飼い犬が咬傷事故を起した場合
咬傷事故届を提出し、48時間以内に検診させる。
飼い犬がいなくなった場合
犬の所在不明届を提出する。
登録鑑札・注射済票を紛失した場合
再交付の手続きをし、手数料を払って再交付する。

※届出の際には鑑札、注射済票、印鑑を持参してください。

狂犬病予防注射について

狂犬病予防注射は毎年1回、4月から6月までに接種し、注射済票の交付を受けることが法律で義務付けられています。

料金は市町村・病院によって異なりますが1頭につき3,000円前後。動物病院か市町村が実施する集合注射会場で受けることができます。

すでに犬の登録を済ませている場合は、事前に通知書が送られてくるので、注射会場もしくは動物病院に必ず持って行ってください。未登録の場合は集合注射会場で登録及び注射の申し込みを行えます。

交付された注射済票は(交付手数料550円が必要)、鑑札と同じく必ず首輪等につけることが義務付けられています。

狂犬病とは…

狂犬病は人を含めた全ての哺乳類・鳥類に感染し、発病すると有効な治療方法がなく100%死に至る極めて危険な人畜共通感染症です。

日本では昭和25年に狂犬病予防法が施行され、犬の登録と狂犬病予防注射が義務づけられ、昭和32年以降発生はありませんでした。しかし近隣の国では多くの発生があり、国際交流が盛んな現代では日本に狂犬病が侵入する可能性が常に存在します。

万が一、狂犬病が上陸しても予防注射を受けていれば発病を防ぐことができ、流行を抑えれます。人の命、愛犬の命を守るために狂犬病予防注射は毎年きちんと受けてください。

登録・狂犬病予防注射の際の注意点
登録の際、犬の名前と生年月日、性別が分かるものを持参する。
登録の際、予防注射済みの場合は「予防注射済証」を持参する。
注射接種の際に、登録済みの場合は必ず登録鑑札を持参する。
犬が暴れた時に備えて、必ず犬を押さえれる人が連れて行く。
治療中の場合は、獣医師に相談してから予防注射を受けさせる。
会場には小型・大型犬を問わず必ずリードをつけて来場する。
会場で犬が糞をした場合は、飼い主が責任を持って後始末する。
会場には、できるだけ犬の体を清潔にしてから連れて行く。