基礎知識 食事に関する知識 猫編

携帯版
人が食べているものを猫に与えると喜びます。しかし犬同様、人間の食べ物は猫にとって塩分や脂肪分が多すぎて肥満や病気の原因になります。さらに人間にとっては何でもない食べ物でも、猫の健康に対して害を及ぼす危険なものもあるので、猫用の食べ物以外は与えないように、また誤って食べさせないように気をつけましょう。
猫に食べさせてはいけないもの
ネギ類(玉ネギ、長ネギ)
ネギ類は猫の赤血球に対し強い毒性を持っているので、食べると貧血などの症状を起こし非常に危険です。ネギの成分は煮ても焼いても消えないので、スープや加工品に混ざっているものも絶対に与えないようにして下さい。

チョコレート、カフェイン
チョコレートやコーヒー等に含まれるカフェインには、猫にとって有害な興奮物質が含まれており、血圧上昇・不整脈・興奮・痙攣等の神経症の中毒症状を引き起こします。心臓にも負担がかかり、ひどい場合は死に至ることもあります。

牛乳
牛乳は様々な栄養素を含んでいますが、あえて猫に与える必要はありません。乳糖を多く含むので体内で消化しきれずに下痢を引き起こす場合があります。特に子猫の場合は注意が必要。与える場合は市販の猫用ミルクを。

生卵
生卵中のアビジンという酵素がビオチン(抗皮膚炎ビタミン)の働きを阻害します。そのため、ビタミンのバランスを崩しやすくし、皮膚や被毛を傷める場合があります。また、サルモネラ菌を含んでいる可能性があるので必ず加熱して与えること。

イカ・タコ
生のイカやタコ等の一部の魚介類を食べるとビタミンB1が欠乏し、後躯マヒを起こします。加熱すれば問題はないが、食べ過ぎると消化不良や嘔吐の原因になります。特にスルメは胃の中で水分を吸収して10倍に膨張し、急性胃拡張を起こすこともあるので要注意。

貝類
あわびやさざえ等の貝類を食べると、太陽光(日光)により皮膚炎を起こしたり、耳が腫れたりする光線過敏症という病気を引き起こす可能性があります。猫に絶対に与えてはいけない危険な食品の一つです。

鶏や魚の骨
鳥の骨や大きい魚の骨は、噛み砕くと鋭くとがった形に割れてしまい、喉に刺さったり胃や腸を傷つけてしまう可能性があります。また、丸呑みして消化不良腸閉塞を起こす原因になることも。特に鳥の骨は要注意。

肉類
生では絶対に与えてはいけません。特に豚肉にはトキソプラズマという寄生虫が含まれていることがあるので必ず加熱処理が必要。また、肉だけ与えていると栄養バランスが悪くなり、骨の成長に悪影響を及ぼすのでバランスの取れた食事を。

塩分の多いもの
猫は摂取した塩分がほとんど排泄されずに体内に蓄積してしまうので、塩分をあまり必要としません。塩分の過剰摂取は腎臓に負担がかかり、泌尿器症候群を招きます。また血液の循環が悪くなり、心臓にも負担をかけます。

糖分・脂肪分の多いもの
糖分や脂肪分の取りすぎは糖尿病や肥満の原因になります。さらに肥満は心臓に負担をかけ、様々な病気を引き起こします。また、虫歯や歯周病の原因にもなるので、特に甘味菓子・ケーキなどは禁物。

青身魚
アジ、イワシ、サバ等にはビタミンを壊す不飽和脂肪酸が多く含まれています。続けて与えるとビタミン不足に陥り、黄色脂肪症という病気を引き起こします。特に魚の脂肪の中にこの成分が多く含まれています。

香辛料
猫にとっては刺激が強すぎて胃や肝臓、腎臓に負担がかかり、味覚・嗅覚が麻痺してしまいます。胃炎や下痢等の原因になることも。人間にとって美味しく感じても、基本的に犬や猫には必要のない物です。

熱いもの・冷たいもの
極端に熱いものや冷えたものを与えると食道や胃に負担をかけ、下痢や便秘になることがあります。また、刺激によって腸炎を起こす可能性もあるので、なるべく人肌程度の温度にして与えて下さい。

アルコール
急性アルコール中毒を起こして昏睡に陥ったり、ひどい場合は死に至る場合があります。その他にも呼吸困難、痙攣、腎臓や肝臓などの臓器に多大な悪影響を及ぼします。遊び半分でも絶対に与えないで下さい。

海苔
マグネシウムが多く含まれており、与え続けると膀胱に結晶ができ、尿結石等の泌尿器症候群を引き起こす原因になります。また、キャットフードもできるだけマグネシウム含有量の低いものを選んで与えて下さい。

ドッグフード
犬と猫とでは必要な栄養分が違います。ごくたまに与える程度なら問題はないですが、継続的に与えると栄養失調および心臓に影響を及ぼす疾病を引き起こす原因になります。タウリン不足で最悪の場合失明することも。

植物
あじさい、アロエ、スズラン、チューリップ、アサガオ、月桂樹、ヒヤシンス等、植物には猫にとって毒物となるものが数多くあるので非常に危険です。室内には置かないことはもちろん、屋外の植物にも注意が必要。

人間用に調理した食品
人間用の加工食品やレトルト食品の中には、形としてはわからなくても、猫に与えてはいけないものが含まれている危険性があります。人間と猫とでは栄養素の必要量が大きく異なるので基本的に人間の食べ物は与えないこと。