マナー マンション

携帯版
最近は賃貸・分譲ともにペット可物件が一気に増加。しかし、中には犬が苦手な人がいたりみんなが犬好きというわけではありません。ペットと一緒に暮らすには無駄吠え・抜け毛・匂いなど周囲の住民に迷惑をかけない為の注意としつけが必要です。細かい飼育規則があるマンションも珍しくないので、それぞれの場所のルール・マナーをしっかり守り、トラブルが起きないようにしましょう。
マンションでの飼育の注意点
1 周囲の住民に必ず挨拶する
ペットOKのマンションでも、中には動物が嫌いな人もいます。トラブルを避けるためにも、犬を飼う前にあらかじめ周囲の住民に挨拶をしておきましょう。

2 周囲の住民に不快感を与えない
異常な鳴き声やふん尿等から発する悪臭によって、近隣に迷惑をかけないこと。マンションは、ほとんどがフローリングなので鳴き声や犬の足音がよく響きます。

3 共有部分では細心の注意を
廊下やエレベーター、エントランスでは抱きかかえるかケージに入れる。また、水や餌を与えたり排泄やマーキング、ブラッシング、ケージの清掃等も絶対に行わない。

4 基本的なしつけは必要
犬、猫には無駄吠え、トイレなどの基本的なしつけをしっかり行って下さい。しつけがきちんとできていると、様々なトラブルを未然に防ぐことができるます。

5 自室でのお手入れにも注意が必要
周囲に毛が飛散するので、窓を開けた状態でのブラッシング等のお手入れや、ケージの清掃等を行わないようにしましょう。

6 ペットの衛生・健康管理
室内で飼う時は特にお手入れをまめにし、清潔に保ちましょう。同時に疾病の予防、衛生害虫の発生防止等の健康管理も大切です。

7 ペットの起こした問題の責任は飼い主に
ペットによる汚損、破損、傷害等のトラブルが発生した場合は、飼い主がその責任を負い、誠意を持って解決・改善を図りましょう。

※個々のマンションによって規約は異なります。事前に飼育規則をしっかり確認して下さい。