マナー 宿泊施設

携帯版
最近のペットブームをうけて、ペットと一緒に泊まれるペンションや旅館が増えています。旅行先では基本的なしつけができていれば、特に問題はありませんが、慣れない環境では予期せぬ行動をとったりトラブルが起こる可能性も。ペットが快適に過ごせるように、設備やサービスが整った宿泊施設をリサーチし、旅行中はペットから目を離さないようにしましょう。
宿泊施設での基本的なマナー
1 ワクチン接種済みであること
狂犬病の予防注射感染症予防の各種ワクチン接種を済ませておくことはどこの施設でも同じです。宿によっては証明書が必要な所もあります。また、発情期は同行不可。

2 共用の場所ではリードをつける
他のお客さんやワンちゃんとのトラブルを未然に防ぐために、客室以外の共用スペースでは必ず抱きかかえるか、リードをつけることが原則です。

3 まずはワンちゃんのスペースを確保
客室に入ったらまず部屋の間取りを確認し、持ってきたトイレ用品食事スペースなどを配置してワンちゃんの居場所を確保する。

4 ベットやソファーに乗せない
宿が許可していてもベットやソファーにワンちゃんを乗せる時は、持参した敷物などで汚れや抜け毛の対策をしましょう。

5 食堂ではリードをつける
ペット同伴の食堂の場合は、リードをつけてワンちゃんがテーブルに足をあげたりしないように、足下で待機させましょう。

6 食事にも十分な配慮を
客室で食事を与える時は、食器の下にシートなどを敷いて床を汚さないようにしましょう。また宿で用意してくれた食事を食べない事もあるので、食べ慣れたフードを持参すること。

■■宿泊施設に持って行くもの■■
□リード 
□迷子札
□フード
□食器 
□おやつ
□水
□タオル
□トイレ用品

□排泄物掃除道具一式
□敷物
□消臭スプレー
□粘着ローラー
□常備薬
□ブラシ
□おもちゃ
□予防接種証明書