マナー ドライブ

携帯版
愛犬と一緒にドライブ!犬を飼ったら一度はやってみたいと思っている人も多いのでは?しかし、どんなに丈夫でも体質的に車酔いしてしまうワンちゃんも多いので、まずはいきなり長距離のドライブに出かけるのではなく、徐々に移動距離を増やし少しずつ『車に乗ることは楽しい』とおぼえさせることが大切です。そして車内でもワンちゃんを自由にさせていると思わぬ事故やケガをすることもあるので十分な注意を。
ドライブ前、ドライブ中の注意点
1 乗車前に散歩・排泄は済ませる
長距離の場合は特に散歩と排泄は乗車前に済ませましょう。適度な運動で程よく疲れていれば、ワンちゃんも車内でも落ち着いて過ごせます。

2 車酔い防止のために
前日の食事はいつもの8分目程度、ドライブ直前、ドライブ中は酔いやすくなるので食事は与えないようにしましょう。

3 ドライブコースの事前チェック
ドライブコースは事前に決めておき、渋滞や山道、デコボコ道が続くコースはワンちゃんの負担になるので避ける。ペットOKの施設も調べておくと◎。

4 愛犬が乗る場所
運転中はケージに入れるのが一番安全です。また、座席に乗せる場合は犬用のシートベルトを着用して後部座席に乗せましょう。

5 こまめに休憩を入れる
1〜2時間に1回は休憩をとり、水分補給と排泄をさせる。また、ワンちゃんを外の空気に触れさせ気分転換をさせましょう。

6 安全運転を心がける
急発進、急ブレーキ、急カーブ等による揺れや振動はワンちゃんへの大きな負担になり、車酔いの原因になるので丁寧な運転を心がけましょう。

7 車から降りる時は要注意
休憩等でワンちゃんを車から降ろすときに一番事故が多いので、必ずリードをつけてワンちゃんが飛び出さないように注意して下さい。

8 高速道路のサービスエリアの活用
ドッグラン併設されたサービスエリア等もあるので事前に調べておき、マナーを守って上手に活用し、楽しいドライブの味方にしましょう。

■■ドライブに持って行くもの■■

□リード
□迷子札
□フード
□食器 
□ゲージ
□水
□タオル

□常備薬
□排泄物掃除道具一式
□ティッシュ
□消臭スプレー
□粘着ローラー
□ペットシーツ