マナー 動物病院

携帯版
ワクチン接種や病気のときなど、ペットの健康にとってかかせない存在である動物病院。最近は病気のときだけでなく、ペットの健康を気遣い定期的に健康診断などで動物病院に訪れる方も増えています。しかし動物病院もドッグカフェや美容院同様、たくさんのペットが集まるので、マナーを守らないとトラブルの原因になります。きちんとマナーを守り、周囲のペットや飼い主さんにも配慮することを忘れずに。
来院前、病院内での基本的な注意点
1 診察時間を必ず守る
病院によって、一般診療を行っていない時間帯があるので、初めて利用する場合は、事前に電話やインターネットで診察時間を確認する。予約を入れた場合は必ず診察時間を守る。

2 他の動物にむやみに近づけない
ケンカ病気感染などのトラブルを避けるためにも、他の動物には近づけない。小型の動物であればケージに入れ、大型の犬などはリードを短く持ち、あまり動かないようにする。

3 病気に関する最低限の知識が必要
獣医師が病気の症状や治療内容を説明してくれても、治療方法の選択や自宅でのケアなど、飼い主が判断しなければいけないこともあります。飼い主も病気について学ぶ努力が必要。

4 ペットの状態や症状を正確に伝える
どんな症状が出ているか、日常生活の様子などをきちんと説明すること。その情報によって診断が左右されることもあり、獣医師にとっても病気発見の大きな手がかりになります。

5 わからないことはきちんと聞く
病気や生活習慣などで、わからないことや不安・疑問なことはしっかり質問する。その質問に対して面倒くさがるようであれば、あまり良い獣医師とは言えません。

6 病院内・周辺で排泄させない
他の施設と同じで、排泄は必ず家で済ませておくこと。特に病院は清潔な環境を保つことが重要な場所なので、病院内はもちろん周辺でも排泄はさせない。

7 診察料金の見積り
治療費について不安な場合は、あらかじめ病院で見積もりをしてもらう。料金が思いのほか高額になった場合、クレジットや分割払いが可能かどうかも確認しておくと良いでしょう。

8 動物健康保険に加入している場合
初めて利用する場合は、事前に動物健康保険に対応しているかどうか確認する。対応している病院であれば、保険証は受付時に提示する。

■■動物病院を選ぶときのポイント■■
□自宅から近く、緊急時にも対応してくれる
□病院内が常に清潔に保たれている
□治療費が明確で内訳が示されている
□インフォームド・コンセントが行われている
□しっかり診察(問診・触診)を行っている
□動物に対して愛情を持って接している
□治療方針、治療の危険性等を説明してくれる
□医療設備が整っている
しつけなどについて相談にのってくれる
飼い主の質問に対して嫌がらない

※インフォームド・コンセントとは「情報を得た上での合意」を意味する概念。患者が自分の病気と医療行為について十分な説明をうけ、理解した上で治療する権利を持つこと。