淀川 大阪 野犬 動画

携帯版
淀川河川敷の野犬は今…後編

全国で増え続ける野犬。大阪の淀川河川敷でも多くの野犬が生息し、激しく吠えて威嚇された、追いかけられた、噛まれたといった被害や苦情が多数寄せられている。野犬のほとんどがペットとして飼われていたが、無責任な飼い主に捨てられ野犬化したという。そして繁殖を繰り返し現在も増え続けている。






少し焦らしましたが、

淀川の野犬問題
の後編です。

まずは前回の続きの映像をご覧下さい。







なんか怖いねぇ…。

完全に野生化してるし、群れで来られたら相当ヤバイ。




この河川敷には20匹ぐらいの野犬がいるんだって。

我々が行った時も吠えて威嚇してきたけど、

付近の住民の中には追いかけられたり、

噛まれたりした
人もいるらしいよ。




怖くて淀川行けねぇよ!

行政は何やってんだよ!



大阪市も野犬を捕獲するために麻酔銃を使ったり、

捕獲檻を設置したり色々やってるけど、

河川敷は広いし野犬自体も警戒心が高くて

なかなか捕獲するのは難しいんだって。



まあねぇ。

もとはといえば、 ペットとして飼われていた犬が

無責任な飼い主に捨てられて野犬になったんでしょ?




その結果、繁殖して増え続け、人間に危害を加えるようになった。

犬からしてみたら、人間に捨てられて何とか自分の力で生き抜いて、

必死に自分の身を自分で守ってるだけなんだよね。



まぁ結局は、身勝手な人間の行動のしっぺ返しがきただけ。

今後は引き続き犬の捕獲作業もしないといけないだろうけど、

少しでも不幸な犬を増やさないためにも、

無責任な人間も捕獲しないとダメだね。



では最後に一言。



人間の罪を犬になすりつけるな!!