クローン 犬 ペット復活

携帯版
世界初!クローンでペット復活!?

英紙フィナンシャル・タイムズは、韓国ソウル大の研究者らが米国の女性から死んだペットの犬のクローンづくりを受注したと報じた。研究目的ではなく事業としてクローン犬をつくるのは世界初という。

価格は5万ドル(約540万円)。本来15万ドルだが初の受注であることと、女性が注文の公表に応じたことを考慮し値引きしたという。順調に進めば10月にも誕生する予定だ。今回の対象は米国産テリアで、飼い主の女性は障害で歩行困難なため、生活の手助けにもなるためクローンづくりを強く希望していたという。







いやーー、人類の科学の進歩もここまで来たかって感じだね。




実際にクローン技術はかなり進歩してるけど

商売として個人から請け負ったのは

世界初だそうです。





でもクローンで体が再生したとしても記憶は??

飼い主への記憶だとか愛情までも再生できるわけではないよね?


この女性、再生したペットが以前と同じように

自分に懐かなかったりしたらどうするんだろうか?





今のとこ再生されているのは言葉の話せない

動物ばかりなので何ともいえないんだけど…。



まぁ、パソコンで例えると本体を同じ部品で再生できても

データ(記憶)はオリジナルからコピーしないと駄目。

使っていくなかで自分の使いやすいように様々な設定もするし、

そこまで複製はできないでしょ。


機械でさえそうだから、もっと複雑な生き物の記憶の再生

不可能と考えるのが普通だよね。






マンガ「鋼の錬金術師」で死んだ母親を錬金術で蘇らしたけど

似てるのは姿形だけの化け物だったてのがあったなぁ。







……なにげに話がそれてきましたねぇ






映画「スターウォーズ/クローン・ウォーズ」は要約すると

クローンで造られた人間に戦争させるって映画なんだけど

技術が進めばそれくらいは可能になるんだろうね。





実際にクローン人間は技術的には可能らしいですよ。

ただ「ヒトに関するクローン技術等の規制に関する法律」

というので禁止されているから行われないそうですが…






でも動物ならOKと…





今回の話はそういうことでしょうね。

ちなみにクローンと同じ技術で人間と動物の細胞を融合させ、

人か動物か区別がつかない個体 (交雑個体) を

作ることも可能だそうです。




以前書いた「豹に似たペットの猫が話題に」のときの

「アシェラ」なんかカワイイもんですね。





ここまでくると狂気を感じるよね。

じゃあ遺伝子を操作して

生まれてくる子の
身体的特徴を変える

ことも可能になってくる。






ということは…





















「ガンダムSEED」に出てくる







コーディネーターも現実に!!










今回も話それたなーーー!!




トップページへ戻る》《一覧へ戻る