グーグーだって猫である 映画

携帯版
グーグーだって猫である 前編

少女漫画界の巨星、大島弓子が飼い猫たちとの愛しい日々を綴った自伝的人気エッセイ漫画を映画化した「グーグーだって猫である」が2008年9月6日より全国で公開。
吉祥寺を舞台に、天才漫画家と愛猫グーグーのちょっと不思議で優しい日々を描いた幸せいっぱいの物語。最高のキャストとスタッフがマジカルな世界と新鮮な感動を作り出した新感覚の愛の映画。






ジャムおばさん!

これ、見に行きましょう!!





えぇ〜、またぁ?

なんか日本の動物ものの映画って、

泣かせるためだけに作ってる感じがして嫌いなんだよねぇ。


行くの面倒くさいし…。




何言ってるんですか!仕事ですよ!!

最近何かって言うとすぐ面倒くさがって!




たまちゃんはフットワーク軽いよねぇ。

なんかエネルギッシュで眩しいよ。

若いってすばらしい!

私も昔はけっこう…





なに年寄りくさいこと言ってるんですか!


そんなことばっかり言ってるから

どんどん老け込んでいくんですよ。





たまちゃん、それ言葉の暴力…。





あ、ごめんなさい。つい…。


まあ、とにかく行きましょう!

ジャムおばさんの好きな小泉今日子と上野樹里も出ますから






え、ホント?そうなの?

行く行く、絶対行く!


パンフレットとポスターとかも売ってたら買っちゃおうかなぁ。

あ、たまちゃんポップコーン半分こしようね。
キャラメル味のやつ。


キョンキョン、樹里ちゃん、会いに行くから待っててね





おいっ、仕事だぞ!!







トップページへ戻る》《一覧へ戻る》《後編へ