ペット ニュース ペットと飼い主の肥満

携帯版

ペットと飼い主の体型は似ている…?
ペットと飼い主の「肥満」に関するアンケート結果発表!!

【2007.11.09】

収穫の秋を迎え、美味しいものをつい食べ過ぎてしまうこの季節。そんな中ペット保険のアニコムクラブさん(東京都新宿区理事長 武村俊治)から気になるアンケート調査の結果が到着したので早速ご紹介。今回は会員様を対象にペットと飼い主の「肥満」の調査です。

【アンケート結果】
ペット
飼い主
現在肥満だと思う
375人
現在体型が気になる
273人(73%)
過去気にしたことがある
58人(15%)
気にしたことがない
44人(12%)
「現在ペットが肥満だと思っている」飼い主は全体の34%、「過去に肥満だと思ったことがある」飼い主23%を合わせると、半数以上の飼い主が「ペットを肥満だと感じたことがある」ということがわかりました。
ペットのダイエット法としては、「食事の量を減らした」という飼い主が52%で最も多く、次いで「おやつの内容や量を変えた」という飼い主が25%と、多くの飼い主が食事によるダイエットに取り組んでいます。

ペットと一緒にダイエットに取り組んだことがあると答えた飼い主は11%と割合は多くないものの、特に犬の飼い主は、「散歩時間を長くする」「速度を変える」など毎日の散歩を工夫することでお互いのダイエットに成功し、更に「愛犬とのコミュニケーションが深まった」「一緒なので挫折せずに続けられた」「運動が楽しくなった」等メリットを挙げる方が多くいました。
また、「ペットと飼い主は似ている」とよく言われますが、「ペットが肥満だと思う」と答えた方のうち73%が、「自身の体型や体重が気になる」と答えていることから、ペットと飼い主の体型は似ている傾向にあるといえるようです。

ペットの肥満は人間同様、疾病につながる危険があります。適切な運動量、食事量を心がけ、ペットも飼い主も健康な毎日を送ってほしいものです。

調査:アニコムクラブ(東京都新宿区 理事長:武村俊治)
アンケート実施方法:2007年10月26日〜11月2日に全国のアニコムクラブ会員に対してインターネットにて実施(サンプル数:1,088)